竹内式酵素風呂

酵素風呂って
知ってる?

You will be buried in the “rice bran enzyme bath”, which is made by fermenting rice bran with the power of microorganisms and enzymes that are their secretions.

The frictional heat of microorganisms, which is said to be 10 billion in one gram, keeps the temperature around 60 ° C, but it feels soft and moist at 40 ° C.

The vibration of microorganisms in the enzyme bath resonates with the microorganisms in the body, and the far-infrared effect warms the body from the core of the bone and dramatically enhances immunity.

The depth 150cm with charcoal

深さが微生物の環境を安定させパワーを引き出します。1メートル50センチの酵素プールの四方には多孔質構造の炭を入れ、脱臭と浄化の役割を担うと共に好気性菌を安定させています。

Aging

上の写真はチェンライの姉妹店が酵素風呂を始めたばかりのころ、本家の竹内代表がみえ、深さは最低80センチは必要で米糠が黒っぽくなるように時間をかけて熟成させなければならない。とアドバイスされているところです。本家からもってきた黒々とした米糠酵素を発酵の弱い(それでも温度は60°C近くあった)白っぽい米糠の上に撒いて色の違いを説明されています。
当初は白っぽかった米糠ですが年月をかけて今は本家と同じような色になりました。サラブランの米糠酵素も八丁味噌のような色をしています。

Fragrance

米糠酵素風呂というと強烈なぬかの匂いをイメージされると思いますが、「ぬか天国」とほかの米糠酵素風呂の大きな違いは匂いです。サラブランの米糠酵素の匂いも日によってヨーグルトやカカオの香りがします。

Water activator

サラブランの水は全館、マナウォーターという活水器で高圧を加え「元気」にしたものでシャワーからキッチン、トイレまでこの水です。圧を上げる仕組み(沸水原理)で、吸引化により水道水の水分子クラスターを微細にし、 有害物質を無害な安全な水に変質させます。

Electric charged water

さらに酵素風呂用に上記マナウォーター に静電気を6時間チャージしています。静電気チャージ水を酵素風呂に使うことで米糠の分解が早まり、耕運機で耕すと微生物の振動が増してニョロニョロと生きたような米糠酵素になります。兵庫県三木市の本家「ぬか天国」では、大型の静電気チャージ機からの水を使っています。

Palm shell charcoal

米糠酵素風呂の中に椰子殻の粉炭を入れています。写真はヘンプ(産業用大麻)の炭です。実験的にヘンプの粉炭を投入しています

ご利用のプランと料金

酵素風呂の利用の仕方

http://salabran.com/faq/

Price

http://salabran.com/price

How to use our enzyme bath

http://salabran.com/howtouse/

FAQ

http://salabran.com/faq/